現代の葬儀に関する考察

冠婚葬祭は人にとって切り離すことができません。それは誰しもこうした人生の節目を迎えるからです。
そのため自分の冠婚葬祭プランを考えることは非常に大事であると言えるのです。
かつての日本では結婚式に非常に多くの費用をかける傾向にありました。

高級なホテルを抑え、100人以上の参列者を招待することもあり、費用は数百万円が相場だったのです。また葬儀に関しても同じであり、人生最後のセレモニーとして盛大に執り行うのが一般的でした。

しかし現代では冠婚葬祭にお金をかけたくてもかけることができない世帯が非常に多くなっているのです。


それは日本がデフレ経済から脱却できず、不景気であるためです。



そのため結婚式も身内だけでレストランで小規模で行うことが多くなってきました。また葬儀も身内だけで小規模で行おうとする傾向が強くなってきました。

Girls Channelに関する最新情報はこちらです。

小規模な葬儀とは一体どういったものかと思う人も少なくありません。
しかし参列者が身内だけなので大きな会場をおさえる必要がありません。また返礼品や食事の用意の必要がないので、その分コストを安く抑えることができるのです。



しかし棺や装束、供花、読経などは一般葬と何ら遜色なく、きちんとお別れすることが可能なのです。第三者の参列者がいない分、故人とじっくりと向き合うことができるので、かえってアットホームで心が温かくなるような素晴らしい葬儀を行うことができるとして好評なのです。また費用も30万円前後とリーズナブルです。