現代の葬儀に関すること

昔の日本では冠婚葬祭と言うと皆が画一的で固定概念に縛られた結婚式や葬儀を執り行っていました。



結婚式ではホテルを借りて盛大に披露宴をし、チャペルで挙式を執り行っていました。

また葬儀なども、一般葬と言って多くの人に訃報を伝え参列してもらう盛大な葬儀を執り行っていました。
昔ではこうした冠婚葬祭で人々が集い、そして社交が行われていたのです。
しかし現代では、こうした既成概念にとらわれた冠婚葬祭を執り行う人が少なくなっているのです。

Yahoo!ニュースの詳細についてはこちらです。

こうした盛大な結婚式や葬儀は非常に費用のかかる事です。

こうした冠婚葬祭は現代のように不景気の時代にマッチしていないと言えます。そこで出来るだけコストを抑えて冠婚葬祭を執り行おうとする人が非常に多くなっているのです。
例えば結婚であると地味婚やスマート婚といった結婚式です。

招待する人は友達や家族だけでごく少人数でレストランなどで披露宴を行うのです。葬式も一般葬ではなく、家族葬や直葬を選択する人がおおくなっているのです。
一般葬や直葬も身内だけに訃報を伝え、ごく内輪で葬儀行うものです。

家族葬も直葬も非常が非常に安く、デフレ経済の現代に非常にマッチしていると言えるのです。少人数で非常に寂しい葬式なのではないかと心配する人もいますが、第三者の目を気にすることなく泣いたりお別れを告げることができるのです。



そのためかえってこうした費用の安い葬式の方が心温まり、思い出に残る葬式になるのです。