社葬は企業の会長や社長などの葬儀

社葬とは、生前に所属していた企業の会長や、社長などが亡くなってしまったときに、その企業が主催して行うことになります。社葬は、企業が大きな規模で執り行うため、斎場や、費用、告知活動など考慮する必要があることが、多く存在します。
社葬では亡くなった後すぐに、個人的に密葬を執り行った後で、社葬を本葬として執り行うということが、一般的な流れとなっています。



密葬を行ってから、およそ2週から4週ぐらいの期間を空けてから企業の主催で社葬を行います。
社葬では、お坊さんがお経をあげる葬儀と、企業の関係者が参拝をする告別式を執り行う構成となっています。

2ちゃんねる情報サイトを活用しましょう。

密葬は周囲の方たちに亡くなったことをお知らせしないまま、限られた身内で執り行われる葬儀のこと指します。近頃は密葬しか行わないということも珍しくありません。個人的な密葬と、本葬である社葬の費用については、主催する人が負担するというのが一般的になりますが、密葬にかかる費用を、ある程度企業が負担することも多くなってきています。



一般的な葬儀では、主催者は遺族なのに対し、企業が行う大きな規模の社葬のときは、喪主は個人の長男が務め、主催者は企業が務めるのが一般的になります。

遺族を代表する人が喪を務め、施主は葬儀にかかる費用を支払い、運営する人のことを指しています。


近頃は、お別れ会や、合同葬の形式で執り行われることが多くなってきていて、社葬の規模や、費用は小さくなっていく傾向があります。