現代の葬儀のあり方について

category01

人は生まれた以上、必ず誰しも平等に死が訪れます。
しかし自分の死に関して真剣に考える人は少ない傾向にあります。



それは死後の世界は未知であり、死を忌み嫌う文化が根強く日本にあるからです。
しかし自分の死に対して無責任な考え方であると、周りの人、特に遺族や家族に迷惑をかけることになるのです。
自分が死んで、葬式を執り行うとなると遺族がその莫大な費用を負担しなければいけなくなるからです。


参列者が多い、広い会場をおさえる一般葬であるとその費用は200万円以上かかると言われています。

墓地や墓石の建立を視野に入れるとさらに100万円以上の費用を考慮しなければならず、こうした費用を遺族に負担を強いることになります。

Yahoo!知恵袋の正しい情報を手に入れましょう。

こうした莫大な葬儀費用を遺族の負担にさせることは非常に心苦しい事と言えるでしょう。

そのため元気なうちから自分の葬儀を真剣に考えておくことは非常に大事なことと言えるのです。
最近では生前に葬儀社で相談出来、自分の葬儀費用やプランを考えることができるようになっています。
こうした生前相談は室生で行っているので気軽に相談に訪れると良いでしょう。
また葬儀だけでなく埋葬方法も様々な物が存在します。



昔ながらの宮型の墓碑を建立するのではなく、共同墓に埋葬したり、情黙想を選択すると非常にリーズナブルに抑えることが可能になるのです。
最近は散骨などを選択したり、宇宙葬などを選択するなどユニークなものも見られるようになっています。

基本知識

category02

葬儀は突然やってくるのもので、どのような流れで進むのか把握していないと不安な気持ちばかりが募ることでしょう。依頼する葬儀社によってサポートはありますが、事前に確認しておくことでスムーズに行動することができます。...

subpage

わかりやすい情報

category02

社葬とは、生前に所属していた企業の会長や、社長などが亡くなってしまったときに、その企業が主催して行うことになります。社葬は、企業が大きな規模で執り行うため、斎場や、費用、告知活動など考慮する必要があることが、多く存在します。...

subpage

生活が気になる方

category03

冠婚葬祭は人にとって切り離すことができません。それは誰しもこうした人生の節目を迎えるからです。...

subpage

ためになる生活

category04

昔の日本では冠婚葬祭と言うと皆が画一的で固定概念に縛られた結婚式や葬儀を執り行っていました。結婚式ではホテルを借りて盛大に披露宴をし、チャペルで挙式を執り行っていました。...

subpage